スポンサードリンク

 

phone-1052023_640

漢字検定とは?

漢字検定、通称・漢検とは財団法人・日本漢字能力検定協会が

実施している検定試験であり、団体向け・個人向けに

年3回実施されています。

もちろん大学や高等学校のように受検資格はなく

お子さんからご年配の方まで誰でも受検することが出来ます。

漢字検定の特徴と検定日程

開始されたのは1975年で40年以上もの歴史があります☆

漢字検定の等級により入学や単位の認定に関して有利になる高等学校

短期大学・四年制大学も増えてきており知名度が上昇しています◎

また検定結果を重視する企業もあるため、社会人でも受講する方が多いです!



テレビのクイズ番組でも1級などの難しい漢字の問題が採用され

芸能人や著名人が挑戦しているのを見かけます(^^)

受検会場は全国各地の施設で行われており

それぞれ最寄りの会場で受検するとよいでしょう♪

受検料は級によって異なります★



また開催日に関しは個人と団体で検定日程が違い

個人の場合2月・6月・11月に行われます!

合格発表に関しては前後差はあるものの

大体試験日から数えて40日後が結果発表となります☆

検定結果は会場に貼り出したりといった旧来のものではなく

結果通知が自宅に送られてきます◎

2016-12-13_021819

級とレベルについて

さて気になるのが検定の級とレベルに関してですが

漢検は10級から1級まで、合計12段階に分かれています★

上から順にレベルを見ていくと1級・準1級は大学・一般人程度

2級は高校卒業・大学・一般人程度、準2級は高校在学程度

3級は中学校卒業程度、4級は中学校在学程度、5級は小学校6年生

6級は小学校5年生、7級は小学校4年生という風に等級とともに

対象学年が下がっていき、最下段の10級は小学校1年生修了程度となります!

平たく言えば10級から5級までは小学校で習う学習漢字が対象であるため

さほど難しくはありません♪

4級と3級は中学校で習う漢字が対象で、このあたりから

少しずつ難しくなっていきます!

試験・検定を受ける目安として漢字は大体読めるけど

書くとなると少し自信がないという方はまずは4~3級から受けてみましょう◎

漢字力にはまあまあ自信があるという方は準2~2級が良いでしょう☆

テレビのクイズ・バラエティ番組の難読漢字もほとんど読めてしまうほど

漢字知識に強いという方は準1~1級をチャレンジしてみると良いでしょう!

1級の問題集を見たことがありますが、普段カタカナでしか見ないような

言葉にも漢字があるのかとびっくりします!

2016-12-13_021805

漢字検定のホームページ

漢字検定には公益財団法人の日本漢字能力検定協会というホームページがあります☆

漢検の日程はもちろん、受験の申し込み受付や合否の結果照会などができます◎

またホームページではそれぞれの等級の問題集を

10問だけ受けることができるので、一度腕試しとしてチャレンジしてみて

どのレベルの等級を受ければ良いのかチェックしてみてみるとよいでしょう♪

日本漢字能力検定協会のホームページはこちらです。

learning-3222601_640

Pocket

コメントを書く







コメント内容