スポンサードリンク

 

books-1617327_640

国会図書館とは?

国会図書館は正式名称が国立国会図書館といい

日本の国会に属する国の機関で東京都中央区永田町にあります。

昭和23年に設立された国立図書館で東京本館と関西館があり

国会の諸活動を調査・情報提供の面で補佐するという

重要な役割をもっています。

国会図書館の目的とアクセス

国会図書館では国会議員の職務遂行と調査研究

立法調査サービスと図書館資料の閲覧・貸出し・複写などを行っています☆

また行政および司法の各部門においては業務遂行にともなう各府省庁および

最高裁判所に支部図書館を設置し、資料の貸出し・複写・レファレンスなど



国民においては図書館に来館して利用できるという

サービスを目的としています◎

そして国内で出版されたすべての本がここに収集され、保存されています♪

国内のすべての本…一度は覗いてみたいですね(^^)

国会図書館・東京本館へのアクセスは



東京メトロ有楽町線の永田町駅で降り2番出口

東京メトロ半蔵門線・南北線永田町駅の3番出口

東京メトロ千代田線国会議事堂前駅の1番出口です!

806f2f845fd93c56f8efcb84897e70d7_s

利用条件

国立国会図書館の利用方法は満18歳以上であれば

だれでも利用することができます◎

ただしほとんどが書庫にあるため、書庫の資料を見るには

利用者登録が必要となりますが、利用者登録をしなくても

各資料室の開架資料のほか所蔵する資料のデジタル画像や

国立国会図書館で契約している電子ジャーナルなどは

館内で利用することができます☆

国際こども図書館は児童書を専門に扱う国立図書館の支部で

18歳未満であれば誰でも利用できます★

私は利用できないので残念です(><)

421b65d1cf2d2b995d3c82a1495fe622_s

オンラインサービスについて

オンラインサービスには全国の公共図書館、公文書館、美術館や

学術研究機関等が提供する資料、デジタルコンテンツを統合的に

検索できる情報探索ポータル、国会の諸活動から生れた資料・情報

そして第1回国会からの国会会議録情報・帝国議会会議録情報

国会の立法活動・行政監視活動に資する資料・情報を

検索できる立法情報があげられます☆

さらに国会図書館が所蔵している和図書、洋図書、和雑誌・和新聞

洋雑誌・洋新聞、電子資料、国内博士論文、学術雑誌、雑誌記事

電子ジャーナルを検索できる蔵書 検索・申込

調査のポイントや参考資料など調べものに役立つ情報がある調べ方案内

国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料、震災の記録

電子展示会、子ども向けサービス、実験システム公開などがあります◎

これらをすべて検索できるなんてすごいデータベースですね(^^)

オンラインサービスではホームページ上の国立国会図書館サーチで

提供される資料のデジタル画像やデータベースは

いつでも誰でも利用することができます★

国会図書館のホームエージはこちらです。

books-1012088_640

Pocket

コメントを書く







コメント内容