スポンサードリンク

 

house-3286172_640

北欧デザインのスウェーデンハウス☆

スウェーデンハウスの大きな特徴は北欧スウェーデンという寒い地域の家屋を

日本に取り入れたハウスメーカーというところです。

スウェーデンハウスは高気密・高断熱という点を売りにしており

確かにその面の性能は高いです。

今回はスウェーデンハウスをご紹介しましょう。

性能だけでなく見た目もいい!

スウェーデンハウス設立は1984年です。

窓サッシが特徴で木製サッシに三重ガラスという独自の仕様といえるでしょう!

また、ベージュ外壁に赤茶色の幅広の窓枠という外観は見栄えがよく街中でも目立ちます☆

さらに性能がいいだけでなく木の香りを感じられる生活は捨てがたい魅力といえませんか?



エアコンを短時間使用しただけで

快適さを長時間維持することができるのもうれしいポイントですね!(^^)!

内装も木の質感に合せたシンプルな感じに統一されています♪

shutters-669296_1280

魅力的なデザイン◇

スウェーデンハウスは中古についても価格は高めです…



もともとの坪単価がほかのハウスメーカーと比べて高いので

中古についてもそれが反映されるのでしょう~

それと中古を扱う会社もいろいろとあるので独自のマーケットが

確立されているといっていいかもしれません><

またモジュールは120cmなので家の内部は広々とした感じです!

耐震性能にも問題はなくさらに性能を高めた

スウェディッシュ・セレクション・プラスワンというプランもあります

スウェーデンハウスらしい外観をもつアルムは坪単価が70~80万円と

60~70万円であるリンドやグランよりも高くなりますが

いかにも輸入住宅らしい大きな切妻屋根というデザインが魅力でしょう〇

また、賃貸住宅もスウェーデンハウスらしい木の落ち着きが捨てがたい魅力です♪

east-frisia-784398_1280

スウェーデンハウスについてもっと知ろう♪

ではスウェーデンハウスについて知っておくといいことってなんでしょう??

まず一つ目としては外観だけにつられないことが大事だといえます!

輸入住宅風の外観をもつ家というだけならばほかのハウスメーカーでもあり

スウェーデンハウスよりも安い坪単価で実現可能なこともあるかもしれません…

そして二つ目にメンテナンスについてです!

スウェーデンハウスはやはりメンテナンスの負担が一般の住宅よりも大きいです☆

木製バルコニーが反っていたり全体に黒っぽく変色しているケースも見られるかもしれません~

だからこそ自分の家と長くつきあいメンテナンスも家族全員で

楽しもうというユーザーに向いているでしょう!(^^)!

モジュールが120cmであるためサイズ調整は60cm単位になるので

希望の間取りが実現できるかあらかじめ確認しておく必要がありますね♪

スウェーデンハウスのホームページでは商品紹介だけでなく

お客様からの感想も掲載されているので参考にしてみるのもいいかもしれません◇

スウェーデンハウスのホームページはこちらから♪

feskekorka-1761866_1280

Pocket

コメントを書く







コメント内容