スポンサードリンク

 

確定申告

個人で納税するしくみ☆

確定申告とはその人の1年間の収入や寄付または支払った保険料や

かかった医療費などが確定した時点で税務署に申告し納税額を算定

することを指します。

納税は国民の義務ですから全国民に発生しますが実際には会社勤め

の人や公務員の人は確定申告しないケースも多いでしょう。

これは個人個人で算出する代わりにその大部分を会社員の場合は

その企業が公務員の場合は国や自治体が代行して遂行してくれて

いるためです。

今回はそんな確定申告について紹介します。



会社が申告する方法!

確定申告において会社員の場合の収入金額は基本的に会社が把握

しています

会社は支払った保険料やかかった医療費までいちいち把握している

ことはありません◎

そのため各人が情報を追加したうえで会社が手続きを遂行するのが



特徴です☆

これを年末調整と呼んでいて多くの方が遂行しているかもしれま

せんね^^

会社員の人であれば毎年11月か12月くらいにこの年末調整が発生

しておりいわばこれが確定申告に代わるものです

office-2360063_640

該当するかどうかチェックしよう☆

会社員の人であれば一生確定申告とは無縁の人もいるでしょう〜

また必要というわけではありませんが確定申告により納めた税金の

一部が還付されるしくみもあり便利です

会社員であっても確定申告が必要な人とは割合としては多くはない

かもしれませんが年収が2,000万円を超える人が該当します◎

また副業をしていたりして給料以外に20万円を超える所得がある

ような人などです♡

こういう人は確定申告をしなければいけません☆

また確定申告をしたほうがよい人とは例えば年間に支払った医療費

の合計が10万円を超える人や一定の範囲内で寄付をした人も該当

します

あるいは地震や台風や洪水などの自然災害にあって住宅が被害を

受けたような人です♪

このような人は確定申告をすることによりすでに納めた税金の一部が

還付されるしくみがあるので覚えておくと安心ですね^^

doctor-563428_640

領収書を集めておこう!

医療費にかんしては病院やクリニックの窓口で支払った金額だけが

対象ではなくドラッグストアで自分で購入した薬も対象です

医療機関までの往復交通費も対象とすることができます♪

領収書が必要なので捨てずに取っておく必要があるでしょう

災害にかんしては自治体などによる証明書が必要です!

自然災害だけでなく火災や盗難といったものも対象にあたるで

しょう◎

今回は確定申告について紹介しましたが国税庁のホームページから

詳細を確認できます☆

国税庁のホームページはこちら!(^^)!

money-2724235_640

Pocket

コメントを書く







コメント内容