スポンサードリンク

 

music-box-2534110_640

奈良時代から続く儀式☆

成人式は人生の大切な節目です。

現代では女性は着物を着て男性は袴やスーツを着てただ何となく式に

参加しているという人も少なくないかもしれません。

成人式とは奈良時代以降に数え年で12~16歳の男子が遂行していた

元服という儀式に該当していて髪の毛を大人の髪型にゆったり服装

を大人のものへと改める節目です。

また幼名から新しい名に切り替えるタイミングでした。

今回はそんな成人式について紹介します。

髪型も変える江戸時代!

江戸時代に入ると元服は貴族のみに継承されほかの人々の間では



前髪を切り落とすだけという簡略化された形で成人式が残りました◎

女子の場合は腰から下に裳という衣服を身につける儀式の裳着が

12~16歳の頃に遂行されます

結婚が決まったときや決まりそうなときがこの裳着を遂行する

タイミングでした♪



髪の毛は垂らしていたものを結い上げて子供の髪型から大人の髪型へと

変わるので見た目で成人式を終えたかがわかりやすいですね^^

the-little-girl-581496_640

ふんどしが一人前の証♪

江戸時代の成人儀式は上級階級の間で遂行されていた成人式です

庶民には別の形の成人式がありました☆

ただし庶民の成人式にはこれといった決まった形があったわけでは

なく地域によってさまざまです♡

比較的多かったのは13歳前後に遂行される褌祝と呼ばれるものが

あります!

一人前になった証に男子は親戚の女性から贈られるふんどしを締める

という習わしがありました♪

昔の成人式は20歳で遂行されるのではなくさまざまな状況に合わせる

のが一般的です◎

戦後には現代のように20歳で遂行されることが一般的でしょう〜

その地域に住んでいる新成人が集まって遂行される成人式の発祥は

埼玉県で1946年に開催された青年祭です

それが少しずつ全国に広まって現在の成人式に変化しました♡

そして1949年1月15日が成人日と制定されます!

1月15日という日付は元服の儀を新年初めの満月に遂行するという

風習からです

これは旧暦での話ですので1月15日が満月とは限りませんね^^

その後には西暦2000年の祝日法改正が入って成人の日は1月の第2

月曜日に変更され合わせて成人式が遂行されることが多いでしょう◎

kyoto-2315428_640

長い振袖と厄除けの関係☆

成人式には女性達が振袖を着ます◎

振袖には厄除けの効果があると信じられてきました

かつては子供にも振袖を着せていた時代があるのですが長い袖を

振る仕草が魔を祓うとか厄除けができると信じられています♪

子供が病気や厄に取りつかれないようにという願いを込めて振袖を

着せていました

成人式は冠婚葬祭の冠にあたる儀式であり格式の高い場ですので礼装

である振袖で臨むのはマナーです☆

今回は成人式について紹介しましたがオンディーヌのホームページ

から袴や振袖のレンタルプランを確認できます♪

オンディーヌのホームページはこちら!(^^)!

ancient-1869218_640

Pocket

コメントを書く







コメント内容