スポンサードリンク

 

20180209_13%ef%bc%9a38%ef%bc%9a24

最新ニュースをチェック!

ニュースとは世界から身の回りまで最新の情報を手に入れるための手段です。

一般的には専任の社員や専門家によってもたらされてきました。

それもITの発達に伴い誰でも情報発信ができるようになりつつあります。

それだけに確認方法も高精度のものを確保しておくことが重要です。

複数のソースに当たることで、ニュースの信憑性は飛躍的に高まります。
最も多くの人が親しんでいるニュースとはテレビによる報道に他なりません。

常に最新情報を提供できる速報性に加え、映像というインパクトのあるメディアが支持の裏付けとなってきました。

ただ近年では制作費の低下などに伴って情報番組との一体化が目立ちます。

また視聴率を気にするあまり刺激的な内容や、恣意的な方向性に流されることも少なくありません。

確認方法の1つとしては未だ有用ですが頼り切りになるのは禁物です。



20180209_13%ef%bc%9a39%ef%bc%9a28

新聞でニュースを確認!

最も古いニュースメディアといえば新聞でしょう。

今も世界有数の発行部数を誇り年配者を中心に人気を集めています。

その魅力とは詳細で豊富な紙面づくりです。

一面から最終面まで見渡せば最新の情勢から地方の話題、スポーツ情報まで隈なく把握できます。



このため慌ただしく流れていくニュース番組とは違ってじっくり取り組むことが可能です。

もちろん新聞ごとに特色と意見が異なるためそれを踏まえた精読が要求されます。

数あるニュースの入手先の中でも落ち着いた趣きのある確認方法といえるでしょう。
新聞と同じ静的メディアである雑誌は、近年において様変わりするようになってきました。

写真や文面だけではなく動画も撮影してテレビ局などに販売という手法を編み出しています。

これによりニュース番組の中で雑誌の名前が堂々と出るという従来では考えられないことも一般的になりました。

スクープ製の高い最新情報において雑誌はまさに独擅場となっています。

インターネットの活用!

速報性という点ではインターネットに勝るものはありません。

今や誰でもスマートフォンを持っている時代ですから、撮影も発信も気軽に行えるようになります。

中には動画配信サイトで公開している人も多く新たなメディアとして注目されるようになってきました。

20180209_13%ef%bc%9a40%ef%bc%9a07

誰よりも新鮮な情報を得たいのであれば、SNSは最適な確認方法です。

ただ未確定情報も多いため見極めるリテラシーは他のメディアよりも強く求められます。

誤ったトピックを拡散していることもあるため、慎重な接し方が重要です。

それぞれのメディアの利点を活かすことが正しいニュースとの付き合い方といえます。

ヤフーなどもニュース情報が満載です♪

ヤフーでニュースをチェックしたい方はこちらから!

 

Pocket

コメントを書く







コメント内容