スポンサードリンク

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Windows Media Playerとは?

Windows Media Playerとは、Windowsユーザーにとっては馴染みがあり

音楽CDやDVD等のさまざまな媒体を再生できるプレーヤーとなります。

Windows3.1の頃から存在したソフトになりまして

Windowsが進化すると共にアップデートされていき

機能が充実されてきましたので古くからあるソフトですが今でも便利に使えます。

Windows Media Playerの主な利用の仕方としてあるのが

音楽CD、MP3、WAVといった音楽ファイルや動画の再生、音楽CDをPCに取り込んで再生する音楽プレーヤーに転送する、音楽や動画やデータをCD・DVDに書き込むといったことになります。
再生できる拡張子はさまざまなものに対応しておりまして

Windows Media Playerがあれば多くの音楽ファイルや動画ファイルを利用することができます。

使い方はとってもかんたん♪

Windows Media Playerの使い方はとても簡単で



元々Windowsに標準搭載されていますのでスタートやプログラムから起動させます。
そこから任意のファイルを再生させたり、ライブラリから直接操作したり、ファイルと紐付されているのでしたらファイルから直接起動させることも可能です。

CDやDVDにデータを書き込みたい場合はディスクドライブにメディアを予め挿入しておき、Windows Media Playerの書き込みタグから書き込みたいデータを表示させて書き込みリストの作成や選択を行ない、オーディオCD、データCD・DVDといったどういった使い方をしたいのかを選んで開始すれば良いです。
この時にドラッグでも簡単に書き込みリストを作れるので直感的に操作ができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a301

逆にメディアプレーヤーでCDを取り込む時も簡単になっており、予め取り込み設定や保存場所を決めておき、音楽CDを入れてメニューから取り込みをクリックするだけです。
また自動的に開始すると設定しておけば、何もせずに音楽CDを挿入しただけでも取り込めます。

Windowsユーザーなら使うべし♪

このようにWindows Media PlayerはWindowsユーザーであれば気軽に使えるソフトとなっていまして、画質処理に優れており、とても軽いので使いやすいです。
その他の動画プレーヤーソフトもたくさんありますが、アップコンバート等も負けておらず、低スペックのPCでも問題なく利用できる快適性も備えていまして、以前よりも万人向けになりました。Windows Media Playerの入手についてはこちらを参考にしてみてください!



Pocket

コメントを書く







コメント内容