スポンサードリンク

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

windows defenderでセキュリティ対策

windows defenderとはマイクロソフト社が開発したセキュリティソフトで

windows8以降のパソコンにはプリインストールされています。

パソコンが普及するにつれてネットセキュリティの知識に乏しい人も持つようになったので

最初からインストールされているwindows defenderは

安全にパソコンを使うためのサポートを行います。

「ウイルスと脅威の防止」や「ファイアウォールとネットワークの保護」など基本的な性能を持っています。

windows defenderはテスト結果も優秀!

ファイアウォールとは信頼できないネットワークを通過させないシステムのことで

パソコンが外部からの攻撃を受けないようにする大事な役割があります。

2017年8月にAV-Comparativesという



セキュリティソフトの性能の高さを調べる第三者機関によると

windows defenderは全てのテストで脅威をブロックすることができました。

ただしユーザーの設定次第では性能が大きく劣るので全く知識を持たないでパソコンを使うのだけは止めるべきです。

ここは知っておくべし!

またwindows defenderは必要最低限のファイアウォールがメインなので

他の分野もケアするならば、有料版のセキュリティソフトの導入も検討しなければなりません。



特にクレジットカード管理やネットバンキングなどでお金を扱っている場合

それに最適化した性能が必要です。

有料版であっても無料体験版はあるので動作確認などは

お金を出す前にインストールしてみましょう。

複数のセキュリティソフトが機能すると動作が不安定になるため

他のセキュリティソフトを入れるとwindows defenderは自動的に無効となります。

他のソフトを入れるわけでもないのに無効化するのは

パソコンを無防備な状態にするだけなので危険です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a301

実用性も抜群!

よくwindows defenderによって動作が重くなるという人がいますが

それほどメモリを使っているわけではないため動作を直接重くする原因ではないと考えられます。動作が重くても無効化しないでメモリを増やしたり

パソコンを買い換えたりといった対処を行います。

自分でインストールしたソフトの有効期限が切れて

何もセキュリティ機能が動いていない状態でも

windows defenderは勝手に有効にならないので注意します。

設定でwindows defenderを選び

リアルタイム保護をオンにすることで

セキュリティソフトを買い換える時のつなぎにもなります。

windows defenderを使用したい方はこちらを参照してください!

Pocket

コメントを書く







コメント内容