スポンサードリンク

 

6f13285e0774ab407b280ded027af104_s

目的に合わせて作るのがおすすめ

印鑑を作成するときは目的に合わせてみると選ぶのがおすすめです。

実印やシャチハタなど必要な目的もさまざまでしょう。

書体や材質、相性など何にこだわるかによってできあがる印鑑も異なります。

実印は苗字ではなく名前で登録することも可能です。

今回はそんな印鑑についてご紹介していきましょう。

書体や素材もさまざま◎

印鑑の書体にも吉相体や篆書体太枠篆書体などは複雑な形状で偽造されにくく

実印、銀行印に向いています♪

さらに古印体や隷書体などは読みやすいためシャチハタに使用される場合は多いです!

実は私は結婚で苗字が変わることも考慮し実印は名前のみの印鑑を登録しています★



印鑑の材質には象牙や黒水牛、オランダ水牛などの天然素材が多いです^^

またチタンのような金属素材や玄武などのエコ素材も展開されています♡

素材によって値段が異なりますが個人の実印や銀行印など印鑑の重要性が高いものは

少し高くても象牙や水牛で作成する方がいいでしょう〜

耐久性も印鑑を選ぶ要素の一つとして大切です◎



85717b7acfac17d833814615d972aaee_s

相性も意識してみる!

会社で使用する実印や銀行印などは欠ける可能性がある天然素材ではなくチタンや

玄武がおすすめでしょう^^

私は成人するときにヒスイの印鑑を作成しました☆

高級なものでもあるので今でもなくすことなく大切に利用しています❤︎

印鑑の相性についてはご存知の方は少ないかもしれません!!

たとえば新しい印鑑を作成してからよくない出来事が起こったり何度使っても愛着が

湧かないなど感じる場合はあります♪

そんな場合には生年月日や生まれ年で素材を決めたりするのも一つの方法です◎

さらに開運を呼ぶといわれる水晶やアメジストなどの天然石で印鑑を作ってみるのも

おすすめですよ〜

amethyst-1394397_640

購入の方法もいろいろ♪

印鑑は通販や販売店で購入します^^

通販では値段が安く画像で確認しながらシンプルに選ぶことができ選択肢も多いのが

特徴です★

さらに注文がしやすく店舗に引き取りに行く手間が省けることも楽ですよね♪

販売店での購入ではいろいろな種類の素材を実際に手に取って確認することができます◎

販売員のアドバイスも受けることができるので印鑑作成の上で参考になることも多い

でしょう〜

特に実印に関しては生きている間に何度も作るものではありません!

自分に合った方法で時間をかけて印鑑を選んでみてくださいね❤︎

dcdd9aec049c6ee255f7737f50aca3e4_s

Pocket

コメントを書く







コメント内容