スポンサードリンク

 

cloud-1830625__340

雨雲レーダーとは?

雨雲レーダーは、気象観測の分野では欠かせないもので

天気予報や防災の機能を高めるために利用されています。

原理は地上から電波を雨雲に向けて発射して

戻ってくる電波の強さを観測する仕組みとなっています。

雨粒から反射してくる強さに応じて

雨の強度や降雨量も含めて調べることができるのです。

この雨雲レーダーについてご紹介をします。

雨雲レーダーの利用方法!

雨雲レーダーを使うことによって

時間ごとに降る雨の量も観測することが容易になりました◎



短時間の集中豪雨だけでなく前線の停滞によって長時間の雨になる場合でも

雨粒の粒子を正確に分析することで把握できます♪

ゲリラ雷雨を観測する場合には

局所的に発生する雲の動きを正確に把握できることも特徴ですよね!

雨雲レーダーの情報はヤフーのサイトを利用する場合には



雨雲ズームレーダーを使って把握できます♪

インターネットで作業をしているときには

ヤフーのページを開いてズームレーダーを見るだけで

降雨量の状態が分かるのですから忙しい人にとっても便利です◎

日本気象協会が運営するtenki.jpも使う場合にも

雨雲の動きを分析できるようになります☆

tenki.jpはスマートフォンの無料アプリからも利用できますから

通勤や通学の途中に使えば傘が必要かどうかも判断できるのです!

このように簡単に確認できるというのは嬉しいですよね!

lake-865744__340

組み合わせて利用してみよう!

雨雲の動きは、電気に関する設備にも影響を与えることがあるため

東京電力もレーダーの観測情報を提供しています◎

東京電力の場合には停電に影響する

雷の観測情報も提供していることも特徴です♪

総合的な情報を調べたい場合には気象庁のホームページも利用すると

便利となっています( ^_^)/

気象庁の雨雲レーダーには高解像度降水ナウキャストがあるため

従来よりも観測の精度が増しているのです。

定期的に調べるようにすれば、天気の仕組みも含めて把握できますから

他の機関と比較して利用するのも賢い方法ですね!

air-431679__340

小さい雨には要注意!

雨雲レーダーは非常に優れた観測機器ですが

困った弱点も抱えています◎

ある程度の大きさの雨粒であれば正確に雨量や強さを観測できるのですが

あまりにも細かい場合には、痕跡がレーダーから消えてしまうことがあるのです!

このような現象は霧雨が降るときに発生することが多いですから

レーダーを見てから外に出ると予想を裏切られることも珍しくありません!

このような弱点がありますが、湿度が高い状態については別の方法で分かるため

霧雨が発生しやすい気象条件を把握することは不可能ではありません◎

組み合わせて利用をすることでより正確に把握できるということですね!

日本気象協会のホームページはこちら

sea-431681__340

Pocket

コメントを書く







コメント内容