スポンサードリンク

 

cup-2752105_640

地元の方にとって欠かせないツール

上毛新聞とは北関東に位置する群馬県を中心に発行されている地方紙です。

群馬県内における上毛新聞の発行部数は約4割での普及率も高い地元の方にとって

なじみ深いツールの一つとして親しまれています。

1887年からの歴史があり上州名物である空っ風や焼きまんじゅうなどと並ぶ

上毛新聞について今回はご紹介していきましょう。

上毛新聞の歴史とは?

一時、関東日報に名前を変えることがありましたが1893年には再び上毛新聞に

戻り現在にいたっています^^

近代国家の出来事を伝える役割も担っていたことから日清戦争や日露戦争が

勃発した際には戦地に特派員を派遣していたのも上毛新聞の特徴でしょう〜



戦地からのニュースは上毛新聞を通じる形で群馬県に伝わり当時の県民は戦況を

把握することができる方法の一つとして重宝されていました◎

さらに戦前の出来事である1923年の大正関東地震をはじめとして1931年の

西埼玉地震の際にも上毛新聞は詳細なニュースを伝えています!

1961年には朝刊と夕刊を統一して基本的には朝刊だけの発刊を行っていたのも



歴史の一部分です♪

earthquake-1665887_640

その季節ならではの情報も掲載◎

1972年にはあさま山荘事件の様子を詳細に伝えたり1985年の

日航機墜落事故の際には上毛新聞の報道が全国へ向けて発信されたため注目を

集めていました^^

上毛新聞は群馬県の西毛から東毛の地域で起こった出来事を伝えるニュースを

幅広く知ることができます◎

また、前橋市からは県政に関する話題が伝えられたり赤城山や榛名山などの

地域からは紅葉やワカサギ釣りのニュースが提供されたりと県内の身近な情報を

知ることも可能です♪

嬬恋村で作られるキャベツの収穫風景が伝えられる場合には農産物の豊かさを

実感することもできるでしょう〜

kohl-1756550_640

スマートフォンでいつでもチェック☆

上毛新聞は隣県の埼玉県でも需要があり上武地域においても重要な役割を担って

います^^

赤城おろしが吹く熊谷市や深谷市でも購読する人がいるのは群馬県の気候と

密接な関係にあるためです◎

その一方で購読者が参加型の俳句のコーナーがあるのも上毛新聞の特徴です♪

上毛新聞の購読料は1ヶ月3,035円で駅の売店などに並ぶ一部売りでは120円で

読むことができます❤︎

現在では上毛新聞をスマートフォンのアプリからも閲覧することができるため

利便性も高くさらに支持を集めている新聞です★

上毛新聞のホームページでもニュース速報をチェックすることができるのでぜひ

一度チェックしてみてくださいね〜

上毛新聞のホームページはこちらから!

iphone-410324_640

Pocket

コメントを書く







コメント内容